Making Memories of Us

僕がおじいさんになって、杖をついて歩くようになったとしても、君は僕のそばにいてくれるかな?
でもね、僕はきっと変わらずいつものように君を笑わせようと、一生懸命になっていると思うよ。
君がもういいよって言ったとしてもね。

もうすぐ僕らの新しい明日が始まる。

000508940005

広告

Watching the Wheels

Las Vegasに行ってきたよ。
砂漠の中の街。
一晩中ネオンが煌く、眠らない街。

昼は暑い空気が路上を漂い、銀色の街は人々と車の喧騒に包まれている。
奇抜なビルと、セクシーなコスチュームと、妖しい誘い文句に、いつも間にか非現実な夢を見る。
夢が夢であることを知っていないと、この街では生きていけないのかもしれない。

帰りの空港に向かうタクシーの中で、彼の母国(どこだかわからなかった)の歌手が歌う日本の曲を聴かされた。
日本で有名な曲だと言われたが、誰のなんという曲なのかさっぱりわからなかった。
本当に日本の曲なのかさえ怪しいけれど、でもなんとなくほっとした。

車は大きく曲がり込み、空港に紛れ込んだ。

000508380025

000508390025

000508390033

000508390034

In My Life

去年から今年にかけて僕の周りで色々なことがあった。

長女が学校でトラブルに遭って、かなり辛い時期を過ごした。一番辛かったのは娘だと思うけれど、本当によくがんばった。でも今年4月から高校に進学して、新しい環境で楽しい学生生活を送っているようなので今は一安心。長男も第一志望だった大学に合格して、受験勉強から開放されエンジョイしている。

あと、僕の父が1月4日に亡くなった。あまりに突然で、心の整理がつくのに時間が必要だった。今でも時々父の笑顔が浮かんで胸が痛くなることがある。尊敬する父であり、父の背中を追いかけここまで来たけど、少しは近づけただろうか。もう少し長生きしてくれて、もう少し親孝行がしたかった。

そんな時期でも、僕の周りに色々と相談にのってくれたり、話を聞いてくれる友人がいて本当に助かった。どんなに心強かったことか。本当に感謝。

まだ全てが解決したわけではなく、これからまだ乗り越えていかなきゃいけないものもあるけれど、前向きに生きていけばきっとうまくやっていけると信じている。

そんな事でなかなか写真を撮りにいくこともできなかったけれど、先日いつもの3gramのメンバー、リョウコ女史とあやこ女史に誘われて久しぶりに写真を撮りに行って来た。あやこ女史のお気に入りのスポット荒川河川敷。久しぶりに楽しい時間が過ごせて、写真のリハビリも出来たかな。

IMG_0008

IMG_0002

IMG_0010

You are there

変わらない日々を退屈に感じながら、変わっていく君に戸惑う。
それとも変わってしまったのは僕自身なのだろうか。

誰かを必要としていた君はもういない。
夜中に目を覚まし、安らぎを求めて泣くこともない。

明日になればきっと君は荒野に立ち野草を摘んでくるに違いない。
君は僕よりもずっと強い。

IMG_0009

IMG_0011

Please Rene, Not Now

もうかなり遅い時間、僕はミネソタ州の小さな街のパブでひとりカウンターに座りビールを頼んだ。僕以外には若者が数人バーテンダーと話をしているだけだった。ダーツボードやピンボールの台がいくつかあるが、誰もやっていない。何故こんな時間に見知らぬ日本人が飲みに来たのか訝しげに思っていただろうけど、僕には目もくれなかった。

十分酔いが回るだけビールを飲んで店を出た。街はオレンジ色に包まれていた。広い交差点には車は一台も走ってなく、時折信号が変わるだけだ。角にあるみやげ屋のショーウィンドウに多分どこかの大学のロゴの入ったスウェットが飾ってあって、僕はしばらくそれを眺めていた。明日の朝、もし時間があればここに寄ろう。

宿は街から少し離れたところにあり、僕はとぼとぼと歩いて帰った。途中で用を足したくなって草原に入ったら、小さなぼーっとした光が目の前を横切った。ホタルだった。そうか、アメリカにもホタルはいるんだなと、僕は酔った頭で妙に納得していた。もう20年近く前の話だ。

IMG_0002

In the Region of the Summer Stars

夏が終わった。
日差しはずっと優しくなって、時折冷たい風が吹いてくるようになった。
また来年になればきっと新しい夏がやってくる。
だけど今年の夏はもう二度と訪れない。

僕らの想い出はどこへ行くのだろう。
どこかに変わらない夏が永遠に続いている場所があるのかもしれない。
どこか遠い遠い場所に。

IMG_0003

IMG_0008

Homeboy

写真を撮り始めてからそこそこ年月が経ったけれど、未だにマトモな写真が撮れない。
まあ多分一生撮れないのだと思う。

これは最高傑作だ!と思う時もあるけど、後からやっぱり思い過ごしだと気づく。
まあそれでいいのだろう。
だからこそ写真を撮り続けているのだろうから。

写真仲間の素敵な作品を横目に見ながら、いつかきっと僕もと思う今日この頃。

IMG_0038

Who’s gonna help me now?

しばらく写真撮ってなかった。
全くというわけではなく、時々カメラ持ち出したりしてたけど。

長男と長女が受験生になったというのもあるし、個人的な問題であまり写欲が湧かなかったこともある。
でも、最近少し状況も変化して心境も変わってきたのかな。

写真はすごく好きだから、少しずつ少しずつ。

IMG_0022

January

この時期に何故Januaryかと言うと冬に撮った写真なのです。
やっと先日現像しました。

場所は福島の薄磯海岸。
前の年もここに来てます。
子供たちにも見せたくて連れてきました。

IMG_0003

IMG_0018