Las Vegasに行ってきたよ。
砂漠の中の街。
一晩中ネオンが煌く、眠らない街。

昼は暑い空気が路上を漂い、銀色の街は人々と車の喧騒に包まれている。
奇抜なビルと、セクシーなコスチュームと、妖しい誘い文句に、いつも間にか非現実な夢を見る。
夢が夢であることを知っていないと、この街では生きていけないのかもしれない。

帰りの空港に向かうタクシーの中で、彼の母国(どこだかわからなかった)の歌手が歌う日本の曲を聴かされた。
日本で有名な曲だと言われたが、誰のなんという曲なのかさっぱりわからなかった。
本当に日本の曲なのかさえ怪しいけれど、でもなんとなくほっとした。

車は大きく曲がり込み、空港に紛れ込んだ。

000508380025

000508390025

000508390033

000508390034

広告