僕がおじいさんになって、杖をついて歩くようになったとしても、君は僕のそばにいてくれるかな?
でもね、僕はきっと変わらずいつものように君を笑わせようと、一生懸命になっていると思うよ。
君がもういいよって言ったとしてもね。

もうすぐ僕らの新しい明日が始まる。

000508940005

広告